いらっしゃい穂乃果ちゃん。

穂乃果「ふねみのブログだよっ!」

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高坂穂乃果の消失 11

希「…………ごめんな、真姫ちゃん……。」

真姫「え?」

希「ウチのせいなんよ………全部………」

真姫「希………?何言って………」

希「本当に……、ごめんなさい……………」

真姫「ちょっと、やめてよっ!希は何も………」

希「私の話、聞いてくれるかな…………」

真姫「え………」

真姫(―――希は、いつものような胡散臭い関西弁をやめて、一段と真剣な様子で話した。希が何を言おうとしているのか私にはまだわからなかったけれど、それは、聞いてはいけない、知ってはいけない真実のように思えた……)

希「昨日の夜にね、私、μ'sの未来を占っていたの。」

希「私を含めて9人の、これからの未来について、一人一人占ってた。」

希「幸せな未来も、不幸せな未来も、みんなそれぞれ平等にふりかかるだろうって、カードが教えてくれたわ。当たり前のことだけれどね。」

希「………でもね、ただ一人だけ、未来が見えなくなっていた人がいたの…。

希「それが、真姫ちゃん、あなた………。」

真姫「私………?」

希「それで私ね、真姫ちゃんのことをもっと詳しく占おうとしたの。……そうしたら、ハッキリわかった。………………あなたが、不幸な事故に巻き込まれて………、命を落とす未来………。」

真姫「……っ!!!」

希「私…………どうしたらいいのかわからなくて…………………あなたを救うための方法を必死で考えて……………っ」

真姫「ま、待って!!……それなら、教えてくれたらよかったじゃない……!! 私が事故に巻き込まれるってわかってたなら、それで…………」

希「ダメなの………未熟な私の力では、事故の内容も、それがいつ起こる事なのかも、わからなかったの…………っ」

真姫「そんな…………」

希「それでも、何とかあなたの運命を変えたくて…………、私…………、私が知ってるありとあらゆる方法を使って、あなたの未来を改変しようとしたの…………」

真姫「……ちょっと、それって……………」

希「……そう、それは禁断のタブー。人の運命を変えるなんて、人間にも、神様にだって許されてはいないこと………。

希「でも、それしかなかったの…………!」

真姫「…………どうして……? どうしてよ………、どうしてそこまで………っ」

希「……だって、当たり前でしょ? μ'sは私にとって奇跡。誰も欠けたりしちゃいけないの………。いいえ、それ以前に…………」

希「あなたは、私の大切な友達なんだもの……………。」

真姫「っ!……希…………!」

真姫(―――希は私に笑いかけた。笑顔で閉じた瞼から、涙がこぼれていた。)
スポンサーサイト

Comment

 

予想外の展開。どうなっちゃうんや……
  • posted by  
  • URL 
  • 2014.07/17 15:58分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

ふねみ

Author:ふねみ
歳納京子と高坂穂乃果を娘にしたいぜ。

ついったー→こちら

最新記事

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。