いらっしゃい穂乃果ちゃん。

穂乃果「ふねみのブログだよっ!」

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

矢澤「凛に生理が来たらしいわ………」



矢澤「私だってまだなのに………負けてられないわ………」

~学校~

矢澤「あ゛~今日しんどい日だわ~辛いわ~」

希「にこっち大丈夫?ほらコレ使い」

矢澤「希……ありがと。(よかった……生理が来てないことはバレてないわね……」

~女子トイレ~

矢澤「ってこれ下痢止めじゃない!!」

隣の個室でナプキン替えてる希「だってにこっち生理まだやろ?」
スポンサーサイト

高坂穂乃果の消失 15


真姫(空港に着いたのは絵里の飛行機が到着した直後だった。希が絵里に会おうとしているのはわかったけれど、希がそこで何をしようとしているのかはわからなかった――――――)


―空港―

絵里「えっ、真姫?それに……希っ!?」

絵里「あなた、風邪ひいてるんじゃ……」

希「おかえり、えりち。風邪ならもうだいじょーぶやで」

絵里「まさか、私を迎えにわざわざ……?ちょっと、あなたのことだからまた無理してるんじゃ―――」

希「大丈夫やって。えりちは心配し過ぎなん。」

絵里「それに真姫まで……。にこから聞いてるわよ、身体は大丈夫なの?」

真姫「わ、私のは、そういうのじゃないから………」

絵里「そういうのって……?まぁいいわ、それよりも要件を聞かせてくれるかしら?あなたたちが練習をほったらかしにしてまで私に会いに来るなんて、帰国した私にサプライズ!ってわけじゃないのよね?」

真姫「まぁ、結果的にサプライズにはなったみたいだケド……」

希「ふふっ、そうやね。立ち話もなんやから、そこのカフェでも入らん?」



―空港内のカフェ―

希「えりち、この前の話、覚えてる?」

絵里「この前の話……?あの、電話の?」

希「そ、私達の世界が創り変わったって話。」

真姫「!?」

真姫「ちょ、ちょっと、あなた、絵里に話したの…!?」

絵里「あの時はびっくりしたわ……、いきなりおかしなこと言い出すもんだから思わずスピード帰国するとこだったわよ……。そうとう重症だったんでしょ、希の風邪。」

真姫(信じて、ない……?まぁ、当然か…)

希「ごめんな、心配かけて。でもえりちには聞いて欲しかったん。」

絵里「風邪っぴきの頭で考えたにしては、なかなかおもしろい作り話だったけど……。それとも本当に意識が朦朧としてて、お花畑でも見えてた?」

希「違うの、えりち。アレは全部、ホントの話なん。」

真姫「の、希……?」

絵里「……ほら、やっぱりまだ治ってないじゃない。話は後で聞くから、真姫、タクシー呼んで、希を家まで連れて帰らないと」

真姫「えっ?……いや、あの………」

希「絵里ち!!」

絵里「ちょ、ちょっと希……、あなた本当に………」

希「聞いて、お願い。」


希「今日は、お別れを言いにきたの。」



お久しぶりです。
続きは未定。

絵里「希みて!エリチカちんちん生えちゃった!」 希「なんやのん」


絵里「なぜだか勃起がおさまらないチカ………」

希「しゃないなー、ウチがしごいたる(シュッコシュッコ」

絵里「ああっ!だ、ダメよ希ッ!!こんなところでっ……!!あっ、あっ……シコリチュアル~~~~~~っ!!!!(ドクドク」




絵里「っていう夢を見たのよ。起きたら夢精してたわ……。」

希「生えたのは夢やなかったんやね。」




おわり

穂「希ちゃんのおっぱいは~~~?」 希「ぱふぱふやん~~~!」 真「な、なにしてるのよ……」

希「わしわし星の女王、ビッグ・ぱふぱふ・マザーやで~っ!」

真姫「ちょ、ちょっとやめなさいよ!みっともない!」

穂乃果「ほらほら真姫ちゃんもぱふぱふしてごらん~~~~~?」

希「ウチ………真姫ちゃんなら………ええよ!?」

真姫「な……な、なんなのよー!」

穂乃果「あ!逃げた!」

希「待て~~~~~~」

真姫「た、たすけて~~~~~~っ、にこちゃ~~~~~~~ん!!!!」

???「そこまでよ!!!!」

ほのぞ「だっ、だれだっ!?!?」

次回、最終回!!

つづかない!!

高坂穂乃果の消失 14


希「世界を元に戻す前にな。」

真姫「?」

希「ウチも、行きたい所があるん。真姫ちゃんにも付き合ってほしいな?」

真姫「いいけど……、それって……?」

希「決まりやね。真姫ちゃん、今日はウチに泊まってかん?」

真姫「えっ?」

希「行きたい所っていうんはね、明日じゃないとダメなん。だからそれまでの間、もうちょっとだけ真姫ちゃんとこの世界で過ごしてみたいなって。」

真姫「…………希?」






真姫「本当によかったの……? 学校………」

希「ふふっ、一度でいいからしてみたかったん、ずる休み♪それに前とは違う世界なんやし、別にいいんやないっ?」

真姫「そうかもしれないけど………、あなたって変な所でサッパリしてるというか………」

希「そんなこと言って、真姫ちゃんも結構たのしんでそうやけど?」

真姫「ヴェッ! ……クスッ…まぁ、人生に一度はこういうのも悪くないかもね。」

希「真姫ちゃん大袈裟やん~。」

真姫「人生に一度、か…………。」

希「えいっ!」

真姫「ひゃっ!ちょ、ちょっと何するのよ冷たいじゃない!」

希「見て、この間の雪がまだ残ってる。雪合戦で勝負やん!」

真姫「ちょっと!行きたい所があるんでしょ!?」

希「まだ時間はあるからいいの!えいっ!」

真姫「きゃっ! ~~~~もうっ!容赦しないんだからっ!」

希「あははははっ」





希「いや~、ずる休みした日に思いっきり遊び回るのは楽しいもんやね~っ」

真姫「楽しいもんやねじゃないわよ………私、もう疲れた………それにあなた体調は………」

希「そやったね。真姫ちゃんと遊んでたらすっかり元気になってしもたん。ふふっ」

真姫「馬鹿ね………全く……」

希「ふぅっ………ホントに、楽しかったなぁ………」

真姫「……………そうね。」

真姫「………さぁ、起きて!そろそろ時間なんじゃない?」

希「え?…真姫ちゃん、ウチまだ何も………」

真姫「ホントに馬鹿ね。もうわかってるわよ、あなたの行きたい所なんて。」

希「真姫ちゃん……?」

希「………クスッ、なんや、ウチって実は結構わかりやすいんかなぁ…」

真姫「今更気づいたの?ほらっ、空港でしょ?急ぐわよ!」

希「はらしょー!」



お待たせしました。
続きは近日。

希(38)「のぞみちゃんやで~」 矢澤(38)「あんたまだそんなことやってんの」



矢澤「今なにしてんのよ」

希「二児の母やん~」

矢澤「え!?!?嘘でしょ!?!?」

希「嘘やで」

絵里「今日は穂乃果の誕生日よ!」 真姫「昨日よ……」


希「絵里ち………いくらなんでも酷いやん………」

矢澤「穂乃果の誕生日を間違えるなんて、恩知らずにも程があるわね………」

花陽「穂乃果ちゃん、かわいそう………」

凛「絵里ちゃんひっでぇにゃ~ww」

ことり「絵里ちゃん………私達もう………おしまいだね………」

海未「さようなら、絵里………………(ギュインギュイーン」

絵里「ち、ちかーっ!」



絵里「ハッ!!!ゆ、夢チカ…………」

穂乃果ちゃんおめでとうございました。

高坂穂乃果の消失 13

真姫「私、元の世界に戻りたい……!」

希「真姫ちゃん………」

希「本気なの…?元の世界に戻ったらあなたは……」

真姫「わかってる。でも……」

真姫「ここは、私の世界じゃないから。」

希「真姫、ちゃん…………。」

真姫「死ぬのは怖いわよ、もちろん。でも……、たとえすぐに世界からいなくなってしまうとしても、私は最期まで私の世界で生きていたいの。」

希「でも…………真姫ちゃん……………っ!」

真姫「それにね、私は会いたいのよ。穂乃果に。私が知ってる、私の世界のμ'sにね。」

真姫「こっちの世界はやっぱり落ち着かないわね。仮にここでこれから生きていくとしたって、すぐに頭がどうにかしちゃいそうだもの……。」

真姫「だから……ね。希、お願い………。」

希「………………………。」

希「………………わかった。」

希「大切な友達のお願いだもの………。」

希「……その願い、ウチが叶えたる。」



だいぶ予定とは違う展開になってしまい自分でも続きがどうなるかわかりません。

穂乃果「にこちゃん!」 矢澤「うるさい」



穂乃果「お誕生日おめでとう!」

矢澤「はいありがと」

穂乃果「これあげる!」

矢澤「なにこれ」

穂乃果「カブトムシ!」

矢澤「ルフィかよ」



おめにこ

希「お風呂でおしっこしてるとおねしょしてまうよ」



絵里「ハラショー………まさか本当にするなんて…………」

絵里「自分はもう高校生だしおねしょなんてありえないとたかをくくっていたチカ………」

絵里「しかもシミがはっきりロシアだわ………これは写真に撮っておきましょう(パシャ」

\オネェチャーン、オキター?/

絵里「まずい、亜里沙だわ!なんとかしなくちゃ!」




これは続かなくていいや

ご案内

プロフィール

ふねみ

Author:ふねみ
歳納京子と高坂穂乃果を娘にしたいぜ。

ついったー→こちら

最新記事

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。